中東遠総合医療センター

施設概要

中東遠総合医療センターは、掛川市立総合病院と袋井市立袋井市民病院が統合し、静岡県の掛川市及び袋井市をはじめとする中東遠医療域人口47万人の基幹病院として、2013年5月に開院した。一般病床496床、感染病床4床の計500病床を有する大規模医療センターです。

中東遠総合医療センターには、計164台のNABCO自動ドアが納入されました。
通行状況に合わせて引き戸とフルオープンの2Way開閉が可能なNABCOの医療向けおすすめ製品「スライドグライド」が手術室エリアや緊急病室エリアに7台設置されており、ベッドの搬送などにお役立ていただいています。また、車イス利用者やお年寄りにも安心してご使用いただける多機能トイレ用自動ドアや、狭い通路にも最大限の開口幅を提供する二重引き戸やミニフォールドも多数設置され、医師や看護師、患者など幅広い利用者の快適な通行をサポートしています。

  • 多機能トイレ用自動ドア HDS-4i

  • ミニフォールド

この施設で使われている製品

商品名 備考
DSN-60 軽量ドア用自動ドア開閉装置 
DSN-150 重量ドア用自動ドア開閉装置 
DSN-250 重量ドア用自動開閉装置(工場用ドアまで対応可) 
通常の引き戸よりも約1.3倍広い開口を実現
(軽量~中量ドア用)
引き戸とフルオープンを手軽に切り替え可能な2WAYドア
/α 小さいスペースで広く開く
小型自動折り戸
HDS-4iα トイレ空間への調和と使いやすさを両立した、パブリックトイレのユニバーサルデザインスイッチ

NABCOサイトをリニューアルしました

このたび、「ナブコ自動ドア」のウェブサイトをリニューアルしました。
これからも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致します。