新百合ヶ丘総合病院

施設概要

2012年に開業した、神奈川県川崎市にある最新の医療サービスを提供し、地域医療に尽力する総合病院です。

新百合ヶ丘総合病院のメインエントランスには、当社が日本市場で独占販売しているBOON EDAM社の回転ドア、トーネックスが採用されました。
病院が高台に位置するため、冬の受付ロビーへの寒気の流入を最小限にすることによる空調費の大幅な削減が期待されました。
老若男女問わず様々な方が通行しやすいよう、3枚扉で一番開口の大きいタイプをお選びいただきました。

また、メインエントランスの回転ドアだけでなく、軽量タイプから重量タイプの引き戸やアキュドア、ミニフォールドなど計75台の自動ドアを納入致しました。

  • メインエントランスの回転ドア「トーネックス」

  • 待ち合いロビー

この施設で使われている製品

商品名 備考
DSN-60 軽量ドア用自動ドア開閉装置 
DSN-75 中量ドア用自動ドア開閉装置 
DSN-150 重量ドア用自動ドア開閉装置 
DSN-250 重量ドア用自動開閉装置(工場用ドアまで対応可) 
/α 小さいスペースで広く開く
小型自動折り戸
医療・福祉施設の間仕切りに最適な引き戸式自動ドア 建具壁面埋め込みタイプ
大容量通行を可能にした大型自動回転ドア

NABCOサイトをリニューアルしました

このたび、「ナブコ自動ドア」のウェブサイトをリニューアルしました。
これからも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致します。