バリアフリートイレの快適化

ボタンに触らずドアを開閉できる

バリアフリートイレ自動ドア用
押しボタンスイッチ HDS-4iα
非接触タイプ NEW

非接触で安心&
押しボタンも併用

NABCOのバリアフリートイレ自動ドア用押しボタンスイッチHDS-4iαに
新たに「非接触タイプ」を追加。
接触による感染の不安を解消し、
バリアフリートイレの感染対策をレベルアップしませんか?

ボタンに触らず衛生的に、ドアを開閉

「開」「閉」スイッチの前に手をかざすと反応し、ドアが開閉。
ドアノブやスイッチに触れることなくトイレに出入りできます。
手かざしの反応はボタンの点滅で確認できます。

NEW 新機能

押しボタン併用
バリアフリートイレを利用する方の中には、ボタンに手をかざすことが難しい方もいます。HDS-4iα非接触タイプは、従来の押しボタンとしての操作も可能です。

不特定多数の方が使用する建物のバリアフリートイレの自動扉の開閉スイッチは、手かざしセンサー式が使いにくい人もいることから、「押しボタン式スイッチとすることが望ましい」※1
「手かざしセンサー式とする場合は、押しボタン式スイッチを併設する」※2 とされています。

参考:
※1「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」(令和3年3月改正)
※2「公共交通機関の旅客施設に関する移動等円滑化整備ガイドライン」(令和3年3月版)

ユニバーサルデザインで
誰でも使いやすく

NABCOのバリアフリートイレ自動ドア用 押しボタンスイッチHDS-4iα 非接触タイプは、
あらゆる視点からユニバーサルデザインを検証。様々な方の不便を解消します。

ユニバーサルデザインで、バリアフリートイレの「使いやすさ」を一歩先へ

開閉のしやすさを考慮し、扉を自動ドア化するバリアフリートイレが増えています。しかし見づらい、わかりにくい、押しにくいなど、高齢者や障害を持つ方にとって不便な開閉スイッチも少なくありません。
HDS-4iαは、様々な角度からユニバーサルデザインを検証。使いやすさを追求した設計で、バリアフリーを促進します。

GOOD DESIGN 2009年度グッドデザイン賞受賞

※非接触マークがないデザインのみ

非接触と押しボタン両方に対応

手をかざすだけでドアが開閉。衛生的で安心です。

または

手をかざすことが難しい方のために押しボタンも併用。
押しやすい大径ボタンを採用し、わずかな力で押すことができます。

不特定多数の方が使用する建物のバリアフリートイレの自動扉の開閉スイッチは、手かざしセンサー式が使いにくい人もいることから、「押しボタン式スイッチとすることが望ましい」※1
「手かざしセンサー式とする場合は、押しボタン式スイッチを併設する」※2 とされています。

参考:
※1「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」(令和3年3月改正)
※2「公共交通機関の旅客施設に関する移動等円滑化整備ガイドライン」(令和3年3月版)

光と音による操作案内

次に操作するボタンが光り、利用者をアシストします。
操作イメージ

ドアの動作状況に応じて音声がガイドします。

音声ガイドは4ヶ国語から選択できます(オプション)
音声を聞いてみる

視覚・色覚障害への配慮

ボタン部を突起させ、絵文字や触知性の高い凸記号を併記。点字も表示しました。

識別しやすい白と黒の組み合わせを採用。

リーフレットのご案内

感染対策が気になる方

ユニバーサルデザインが気になる方

非接触型・押しボタン型のどちらがいいか迷っている方

公共施設のバリアフリートイレの自動ドア化をご検討中の方

商品の詳細な機能や仕様をご確認いただけるカタログもご用意しております。

  • 手動ドアを自動ドアにしたい

  • 旧式の押しボタンスイッチを最新式に変更したい

こんなご相談もご対応いたします。
お近くのNABCO正規販売会社へお問い合わせください

NABCOサイトをリニューアルしました

このたび、「ナブコ自動ドア」のウェブサイトをリニューアルしました。
これからも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致します。