インテリジェントecoドアシステムのソリューション事例

NABCOは、自動ドアを通じて、お客様へ「安全」「安心」「快適」を提供しています。
お客様のお困りごとに一つ一つ応えていく、NABCOのソリューションをご紹介します。

国立大学法人 宮崎大学医学部附属病院様導入商品: インテリジェントecoドアシステム

導入前のお困りごと

小児科

病棟の入り口にある自動ドアは、部屋の配置もあり、病院スタッフが自動ドアの前を往来することが多く、そのたびに自動ドアが開いてしまう状況でした。
不用意にドアが開いていると、人が出入りしやすくなってしまい、風邪など体調の悪い人や面会時間外などの不必要な出入りが懸念されていました。

救命救急センター

救命救急センターの入り口にある自動ドアの向こうでは、搬送された患者さんを応急洗浄するスペースが設けられていますが、センターの先には時間外出入口があり、来院された方は自動ドアの前を横切って通行して行かれます。

洗浄スペースを使用している最中は、入り口前の人の通行を気にしながらの作業となっていました。

導入後

横切る人には反応しにくく、不要な開閉を減らすことができる
「インテリジェントecoドアシステム」をご採用いただきました。

小児科

病院スタッフの声

病院スタッフが行き交うにも関わらず、
自動ドアはこれまでのようには反応せずに、
開き放しになることが少なくなりました。

救命救急センター

自動ドアの前を通って時間外出入り口に向かう人に対して自動ドアは開きにくくなりました。

NABCOサイトをリニューアルしました

このたび、「ナブコ自動ドア」のウェブサイトをリニューアルしました。
これからも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致します。